甲斐晴美

甲斐晴美(harumi kai)


  • profile
甲斐府中出身。35歳独身 甲斐接着剤研究所所長
中央地区を統治する大公爵である甲斐公爵の娘。
大学卒後、爵位を受ける予定だったが辞退、民間企業に就職し山芋と馬鈴薯の研究を行う。
その後独立し、甲斐接着剤研究所を設立。馬鈴薯研究のノウハウと温故知新の精神から、食べられるでんぷんのりの発想を元に、なめるとフルーツの味がするグルーを開発し特許を取得。
他にも、はるとバラの模様が浮かび上がる両面テープや、はると白くなるセロハンテープ等数点の特許を取得。
高性能でスタイリッシュで格調の高いグルーガンを作成するために、グルーガンの製造を西国武器商のマイレーナ卿に依頼するが「gootに頼め。Hakkoがあるだろ」と門前払いを食らう。
その後も一切食い下がることなく一年間一日もかかさずお願いに通い続け、そのあまりの異常な情熱に警備員や警察に強制退去させられること数回。
それでもめげずに通い続けたところ、パスポートを剥奪され強制国外退去。一年を無駄にして、目の下のクマがとれなくなるほどやつれた。
貴族嫌いで爵位を辞退をしたのだが、このときばかりは爵位を辞退したことを後悔したという。

現在、三日たつと倍にふくれあがるグルーの開発を行っている。



  • 役割と特徴
ミッションモード上級編アドバイザー。VirtualTENHOシリーズマスコットガール



VirtualTENHOシリーズのキャラクター方針として、30過ぎで、おばさんとも呼びがたい難い微妙な年齢(最近ではアラサーアラフォー言われてる年頃)の人の萌え路線で行きたいという大いなる目標があるので、*30という年齢を重要視したうえで*、目一杯可愛くかいてください。
可愛くといいつつ、目の下のクマがとれず、いつも疲れた表情をしていて激しくネガティブ思考ですが、馬鈴薯とかでんぷん関係の話題になると急に輝きだす、こだわりの人。
髪型はかなりかくにくいかとおもいますので、かくのきつかったらもすこし控えめでもいいです。前髪は、右目を隠すような髪型で後ろはロングにしてください。(右目隠すのはこの時代の流行という設定です)
眉はじゃっかん太めで。スタイルはかなりイイです
最近ぜんぜん絵をかいてないのと、昔かいた設定資料が手元にないのでどうにか探し当てた以下二枚でなんとかかいてみていただけませんでしょうか?

5年前にかいた横顔イラスト
kaiharumi.png

同じく5年前にかいたイラスト(色なし)
kai_furikomi_.png


まずは、通常絵をお願いします。アクション絵は後からゆっくりでも間に合います。


  • 最終更新:2010-10-12 23:22:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード